ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


嘘の面積が

色を較べて

永い空白は

演算に耽る

 

電池で動く

僕の数字は

狂気に敗れ

迷宮を生む

 

夢の文体が

星を転げて

古い円環は

解読に至る

 

夏日で傷む

君の言葉は

情火に溺れ

芸術を吐く

 

 

「痴の学問」