夜の谷底で

遭難した恋

災厄みたく

理屈が痛む

 

正しい枷も

心を救えず

不幸な熱は

朝露に滅ぶ

 

夢の先端で

錬金した罰

生命みたく

善意が穢す

 

親しい嘘も

瞳を保てず

一途な肉は

残影に騒ぐ

 

 

失楽園の街」