ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


満月も嘆いた

数奇な憂世に

天使は夢精し

下着を浄める

 

空箱を廻って

切実に求めど

善悪は嘘吐き

夜露の見逃し

 

肋骨も暴いた

不正な叡智に

奴隷は奉仕し

因果を殺める

 

祝福を毟って

硬骨に否めど

原罪は端書き

理想の仕返し

 

 

「バベル」