ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


畑に埋まった

数多の屍体を

収穫すべきと

胸が躍る闇夜

 

少女は怯えて

逃避に叫ぶが

親密となる為

足の腱を刻む

 

僕の鬱屈には

信仰が介添い

神々しい罪で

拳銃を咥える

 

清潔で在れば

亡霊扱いの街

崇高な一夜に

産声が響いた

 

 

「オールナイトロング」