ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


お題「誕生日」より。

青果齧って

紅を残せば

幼子の影も

甘く遠のく

 

膨らむ艶が

成熟を迫る

大人で在れ

相当に知れ

 

裸で泳いで

還りゆく夢

母の腹には

大海が有り

 

微睡む暦に

花が散るを

幸いと想う

気丈な君よ

 

 

「羊水の柘榴」