ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


僕の恋慕は

結核と近く

患うにつれ

胸を沈める

 

吐血の味を

大切にして

弱る我欲

薄く微笑む

 

泪へ触れた

残像の君は

口づけ残し

死に混濁す

 

肺で花咲く

紅い悲願よ

見事に蝕み

僕をも貫け

 

 

「病垂」