ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


胎児を潰せ

残らず全て

汚物を流せ

凍える水で

 

顔は裂傷だ

不快な躍動

肌は塵袋だ

隠すは化物

 

湯気立つ腸

鮮度の薫り

濡れた人骨

剥して齧る

 

脳と対峙し

祈りに咽ぶ

漸く逢えた

飾らぬ君よ

 

 

「解剖のワルツ」