ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


お巡りさん

この人です

私の季節を

盗んだ人は

 

涼める時も

温もる時も

共に過すと

誓ったのに

 

今や歳月は

地獄と化し

灼熱の中で

凍え続けて

 

お巡りさん

逢わせてよ

墓穴で睡る

あの罪人と

 

 

「骨に手錠を」