或いは美型詩の実験場。


僕が使うのは

不幸な魔法で

悪意の素顔を

正しく見渡す

 

失望軽蔑憎悪

呪文は鬱血し

代償生贄罪悪

僕の僕を奪う

 

魔法でお空に

虹を架けたい

淋しい詩人に

天を与えたい

 

僕が使うのは

不幸な魔法で

萌む絶望だけ

ただ胸に残る

 

 

「僕の魔法」