ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


空の海月に

手を伸ばす

その猛毒に

命を震わせ

 

屋上で想い

懲りもせず

追憶の中の

過ちを捜す

 

飴玉の瞳も

泣き暮れて

舌で転がす

面影に甘え

 

夏を誓って

散りぬるを

陽炎の如く

輪郭を奪う

 

 

「死んだ恋人」