天気雨が冷やす川沿いを

顎から上が無い僕が歩く

雨水は歯茎のお椀に溜まって

溢れた涎は道を薄紅に染める

 

人々は其れにすら興味を持たない

僕は最早前を見ることも禁じられた

脳みそが無いから悲しくは無いが

ただ時折吹き出す血液に飢えている

「ああ、これが僕の最後の感情だ」

 

喉は辛うじて開いている

声を上げる事だけならできる

誰も呼べずとも空気は震わせられる

呟きたい言葉は沢山あったが

今はもう発音に頼ることも無い

 

やっと海の砂浜に辿り着いたら

貴方の生首が波打ち際で眠っている

僕は僕の未練たらしい顎を撫でて

その癒着に邪魔な部位のプライドに

友人や家族、ましてや恋人とさえ

一つに嵌ることは奇跡なのだと知った

 

 

「パズル」