ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


貴方の咳が気がかりで

もう気軽には笑えない

蝕む不安は予感を嘯き

僕の秘密らが咽び泣く

 

貴方の咳が気がかりで

安心しながら眠れない

明日の明日の明日まで

正確無比な季節を睨む

 

貴方の咳が気がかりで

言葉も切実に選ばれる

病める臆病で色に触れ

寂しい冗句を貯蓄する

 

貴方の咳が気がかりで

貴方の背中を眺めてる

小さく丈夫な肩部から

酷な翼が芽吹かぬ様に

 

そして貴方が僕に気づけば

優しく健やかにただ微笑んで

僕の心配症を可愛がる瞳に

全ては徒労と呼ばせておくれ

 

 

「貴方の咳」