ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


薔薇を一輪挿していた

日のよく当たる窓辺の傍に

 

話しかけても無口な頬や

我が儘に香る魅惑の涙や

触れると傷つく高貴な躰が

何より僕には愛おしかった

 

貴方に何が許されるのか

貴方は何を喜ぶだろう

散りゆく花びらを見るたびに

僕は貴方と死にたいと願う

 

ある夜、僕は芸術に陶酔し

美神の唇である貴方に屈服する

それから花瓶に特別な恋杯を

情感を分かつ為にと注いだのだ

 

されば今ではあの美しき肌も

その健常で真っ直ぐな背筋も

あの気丈で気の強い命さえも

一瞥もせずに枯れ果てている

 

だから窓辺のこの遺書こそが

彼女に宛てた最後の恋文

 

 

「美神の薔薇」