ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


クラクションに背を押され

僕は人を殺したわけです

殆ど誤差のその殺人は

街並みを賑やかす事もないのです

千切れそうなのは僕だけ

千切れそうなのは僕だけ

 

公園の階段を上っていくと

黒い猫が前を横切り

それを奪って猫ジュース

壊れそうなの分かって欲しいの

 

深夜のテレビに映る顔

僕の脳みそ食べている

もっと鮮明になったらいいね

退屈過ぎるの分かって欲しいの

 

ああ、人を殺した

新鮮さの無い言葉だね

でも、人を殺した

意外性の無い言葉だね

だって、人を殺した

大人げの無い言葉だね

僕は、人を殺した

可能性の無い言葉だね

 

 

「凡庸なイタタ」