ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


昼寝をする無防備な君の

汗ばむ躰の夏の香り

団扇でそっと扇いだような

そんな類の幸せたちが

失われたのは何故だろう

失ったのは誰だろう

 

終末になれば逢いましょう

今より強くなれたなら

紅を引いた君の感傷も

無下にすることはないはずだ

 

全てが嘘みたいに思えて

肩を寄せ合い笑ったけれど

本当は沈黙の意味に怯えて

必死に言葉を繋いでいたの

それに気付いた空っぽの

台風前夜の静かな言い訳

 

終末になれば逢いましょう

今より賢くなれたなら

背中に抱き付く君の抗いも

大丈夫だとあやせるはずだ

 

雨雲は僕を見放してくれない

君は陽射しに涙ぐんでる

一歩ずつ離れては手を放し

一歩ずつ別れては目を伏せる

過去を変えれぬ愚かな僕が

未来を生きる道理も無くて

色素を失う君の思い出に

不完全な花をそっと飾った

 

 

「叶わずの哀歌」