ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


砂埃の羽ばたきに

僕の面影は盗まれる

風船のように微笑んで

欠けてる僕を残してく

考えた末の屋上で

大きく息を飲み込んだ

勇気は思わず目を覆う

「これが僕の人生なのか」

 

気流が僕を迎えてる

黒い鳥らは確かに笑った

煙草の煙が懐かしく

僕には着こせぬ制服に

ほつれた糸は運命を

変えるほどには赤くない

青空だけがよそ者で

「独りぼっちは寂しいか」

 

引力の力で躰は徐々に

若く幼く退化する

瞳は小さな深淵となり

僕の裸はエロスを失う

言葉を忘れ、痛みを忘れ、

嫉妬を忘れ、事実を忘れ、

だけど愛を忘れに忘られず

「ああ。ああ。ああ。ああ」

 

 

「胎児に至る死病」