ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


モンシロチョウに

伝えておくれ

夢からすぐに

醒めて欲しいと

 

儚い羽を震わせて

壊れる音も立てないで

磔になった理科室で

詩人の夢を見てるなら

 

貴方の羽ばたきで

世界は終わる

極小の終焉兵器

酸素たちの暴力

 

大気が包む優しさの

その核心をすぐさま見抜き

蜜の匂う艶やかな愛に

死を呼ぶだけの価値を知る

 

詩人の言葉が終末を

予期しているのは真実だった

今はまだ羽を休めているだけ

今はまだ微睡んでいるだけ

 

 

「モンシロチョウ」