ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


海に狼を探しに行く

喰われてお伽噺になる為に

刃のような波が引いたら

千切れた臓腑が残される

 

臓腑は息を吹き返し

屈んだ僕に忠告をする

「過去になるのは止めなさい

美しさだけしか残りはしない」

 

海では臓腑の死神たちも

塩の取り過ぎで高血圧だ

僕は自らの若さを証明するように

スニーカーを返り血で染めていく

 

真っ赤な僕は献身的だ

真っ白よりも情緒的だ

狼が動脈を甘噛みした後の

咀嚼に耐えうる愛がある

 

そして僕は狼と出逢い

海には命がなくなった

 

 

「赤靴の羊飼い」