ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


真っ黒な箱庭の中では
大人と呼んだ過ちが
ヘッドフォンの嬌声によって
もう戻れない殺戮を起こす


裸の女性は微笑み宿す
僕に英知を与えた天使
それだけならば良かったけれど
与えられたら奪われるだけ


深夜に悪の果実は落ちる
齧った僕の瞳は不純に
身にそぐわない質感を握り
不全な愛を完結させる


解像度が低い映像の僕が
耳を塞いだ僕に叫び続ける
全ての嘘が優しさに還元されるなら
今この瞬間を罰して欲しい




「不用意な射精」