ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


亡霊のキスは冷たい

何故ならそこに求愛がないから

過ぎ去った日々の反芻に

欲しがるものはスポットライト

 

動きを止めた心臓が

血液の代わりに恨み言を流す

言葉にすると安直な

死ねとか殺すとかそういうもの

 

でも此処には憧憬がある

何も致せないという幸福の中

何も起こらないという優しさの中

僕の体はピカピカになり

その細かな寂しさに驚いてしまう

 

成仏なんてするものか

いつか意味さえ失ってしまえど

存在を存在と意識できる今だけが

人間未満の僕には嬉しいのだ

 

 

「心の生きる亡霊」