ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


私を酷く打たなかったから
世界は拒絶反応で溢れてる
パパの腕に抱かれてしまったら
世界はお姫様のネグリジェみたい


私は辱められた事はなかったから
ただママのスカートが揺れている
血を通じて分かる疑念な欲望
喰い散らかしたの、甘い甘い何かを


いつの間にか閉ざされた部屋で
パパとママが殺し合っている
それを見て心が剥き出しな私と
後ろで手を上げた気違いの人


いつの間にか閉ざされた部屋で
パパとママが赤子を食べている
それを見て頭が胸にある私と
後ろで腕を組む正義の味方


いつの間にか閉ざされた部屋で
パパとママが分裂を繰り返している
それを見て左腕が泣き喚く私と
後ろでお腹を抱えた愛の化け物


いつの間にか閉ざされた部屋で
パパとママが頭をほうり投げている
それを見て煙草を指先で啜る私と
後ろで難しい顔をする貴方は誰?


私はパパとママと私だから
いつまでもいつまでも幸せでいる
窓を開けて酸素含有を想い
手紙に起こして救済を待ちます


おやすみ




「パパ、ママ、おやすみ」