ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


日常のはずみに乗って
光年先のSFになって
ミラーボールで目を閉じて
目蓋の線を赤く塗る


幸せは機知であり
恐怖は無知であり
優しさが全てであって
慈しんで欲しかった


情緒の虚像に乗って
目くるめく情感に落ちて
浮かんだ海に声かけて
飛び出たアニマを撫でてみる


神経は無地であり
精神は不実であり
あの人が全てであって
孤立が僕の脳だった


スーパーカーは呪われて
数式のように傷ついて
文脈無視してデートして
少女に言葉が分からない




「少女ニアイコール少女」