ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


携帯電話が鳴りました
わたしの不実が震えます
惨めさを知らないお姉様の
お母様のお父様の善意たちが


それは悪意と呼ぶものかな


壊れるほかなかった世の中ですもの
手紙でわたしは様々になります
誰だって夢を知りえた時代ですもの
読めない日記が増えてゆきます


いいえ違います違うのです
善き事こそ私の害毒なのです
そこにいるわたくしが病巣で
今までの此れからがいつまでも


それは虚実と呼ぶものかな


心の病がネットに溢れておりますの
精神の表現はあてにならないのです
自殺願望者が軽やかに拡散しますの
知らない死人に感傷が起きます


わたくしを狂人と言いますか
素振りにただ怯えるだけなのに
ただのいっぺんの時代の異端に
夢に虜な空想の詩篇集を


それは地獄と呼ぶものかな




「真なる事の自壊」