ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


空気が白く
吐息は熱い
出来事は思うまま
私を抱える
この気持ちに気付かない


アスファルト
硬く凍る
あくる日の捨て台詞
私は抱える
寒さで全て誤魔化す


湿る声耳元
私、強く、なって
心に置いたあれこれ
私は一人
祈る言葉叶える


繋いで手
呟いて静か
想いは寒さ知らず
私を燃やす
傍の貴方一人


口上の言い訳
赤く讃え頬
手袋と瞳同じ
白く讃え胸
私覚えず風
スカートは恋して




「冬の空道」
協力id:yammmm、感謝。