ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


お母様に謝まります
僕の不在を
其れに加担した
僕の不実を


愛情と名づけた
存在を存在たらしめる
アスファルト
水をまきすぎた僕を


お母様、お母様
僕の身体は
今や心ですら
僕のものでは在りません


誰彼の思惑に気付けず
心を間違えた僕は
お母様の些細な祈りすら
叶えまいと脈打つもので


お母様に意味を列挙する
この大人気ない僕を
僕の幼児性を可笑しと笑う
お母様の強かさは


赤い窓ガラスが僕を急かし
膿んだ白目で失い
僕の爪は肉で詰り
お母様の期待を裏切ります


お母様、僕はいけません
僕の不正さが
或いはこの僕の
不運で意味の無い生命が


屋上にて電車で礫をされ
首に縄をかけて溺れ死ぬ
ああ、ああ、お母様
僕はようやく大変苦しいです


ああ、惨めです、お母様
悲しく寂しく酷く不明瞭です
僕はだから惨めな男です
お母様はお元気ですか?


僕の妄想が尽きた頃に
お母様の僕になります
誰彼が僕をバラバラにして
お母様どうかお許し下さい


僕の不在も不実も不浄も不運も
全てこの僕が悪いのです
今、挫けてしまいました
不幸だと、今知りました




「自殺問答」