ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


僕は
ロボットじゃない
特別な
人間なんかじゃない
僕に
貴方はいない
僕の
言論などなかった


ユーラシア大陸を少し右にずれて
三百八十二トンのミサイルが飛んでくる


僕は
超能力じゃない
特別な
命なんてない
僕に
もう一人はない
僕の
神様などなかった


遠い遠い宇宙からやってきた其れは
青白く光った隕石のように飛んでくる


僕は
芸術家じゃない
特別な
思い出すらない
僕に
利用価値はない
僕の
在る意味などなかった


地球の皆は口を揃えて、どっかーん
僕は恥ずかしくて一人で、どかん




セカイ系の話」