ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


幸せな言葉を探して
います、この僕は
大好きだった人に願いを
かけて、この僕は


空も自由に飛べるわ
と貴方は言ったので
僕は空を飛んでみたいと
星を抱きしめてみたいと
月の呟きを聞きたいと


なんて素敵な夢を見たのでしょう
其れは全て夢だった
なんて嘯く貴方の
その心のそこを知りたいのです


僕には何一つない
何一つないけれども
確かに、空を飛ぶ夢を見た
それで十分なはずでしょ?
貴方の愛の在り処を探して
こんなにも空を飛びたかった僕には
十分でしょう


なんて素敵な愛を見たのでしょう
ただ電燈に恋した
なんて笑った貴方の
その心の血潮に驚いてしまったのです


止まない
いつまでも止まない
そして月に
飛べないと呟いて




「愛は空を飛ぶものなのだと想います」