ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


僕はとても弱虫です
意気地なしです
告白します、告白します
僕はとても弱虫です


沢山の人を嫌いになりました
そして平気でいました
告白します、告白します
沢山の人を嫌いになりました


どうして
なんでこんなに
他人の自分を
見つけ出さぬままに


弱いことで何もかも
平気だと最もだと笑った僕を
誰かが見ています、見ています
弱いことで何もかも


どうして
なんでこんなに
他人の自分を
見つけ出さぬままに


僕は苦しいです
体中の筋肉が飛びはね
バチバチと痛みを瞳に映します
電流は僕を罰します
亀裂が走ります
死んでしまいます
死んでしまいそうです


どうして
なんでこんなに
他人の自分を
見つけ出さぬままに


僕には出来ません
誰かを掬い取る素晴らしさが
告白します、告白します
僕には出来ません


僕は苦しいです
とてもとても苦しいです
告白します、告白します
僕は生きているのです
告白します、告白します
僕は恐ろしいと思っていたのですが




「虫が飛ぶ」