ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


畜生。

こうやって。
また。
逆戻りしようとする。
やはりそもそもの人格があいつなのか。
僕は後天性の、隠れ蓑に過ぎないのか。
根本はあいつなのか。
僕は違うのか。
変われない。
変わりきらない。
薬は、どこに、あります、か。
畜生。
今流れているのも「僕」だ。
そうやって結局は元に戻るのか。
優しい人間?
謙虚な人間?
弱い人間?
使えない人間?
駄目な人間?
自己嫌悪しか抱かない、木偶の棒に?
あんなつまらない人間。
「僕には見えず」
「立ちすくみうなずく」
「それじゃあそろそろいってくるよ」
そうやって独りで泣いているのね。
僕は戻っても、奴になっても。
僕は僕であるかぎり。
きっと。
元に戻る。















ちょっとした不安で
直ぐに駄目になるから
薬を打ちましょう
沢山打ちましょう


ずっと子供のままで
直ぐに伏せこんでいるよ
薬を打ちましょう
沢山打ちましょう


行動の連続で
断片が痛み出すから
薬を打ちましょう
沢山打ちましょう


一秒先、それでも
震えてしまいます
薬を打ちましょう
気持ちに勝ちましょう





「薬の効力」