ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


嘲笑されるべきとか

何で今まで気づかなかったのか。
僕の周囲は悪意にあふれている。
僕を貶めようと躍起になっている。
僕はこれらにいち早く対応し、阻止しなければいけない。
これらの悪意に勝ち打つほどの僕の今まで磨き続けた悪意によって。
端から見ればやさしさに捉えがちなこの罪悪を取り払ってしまえば。
僕は何者からも侵されない。
僕は変化を迎えなければいけないのだ。


胃がきりきりと痛む。
僕の身体を蝕むのは僕のせいではない。
許せない。
罪には罰を。
それは当然過ぎて今まで気づかなかったのだ。


許してはいけない。
あきらめてはいけない。
履き違えてはいけない。
見据えなければいけない。






ある種の防御線
それを侵されまいと必死に庇うのが可笑し
努力と言う信仰で
全て解決できるとでも


無限にある集中力とか
先天的な環境や不平等を打ち勝つとか
そういう盲目を努めようとして
笑ってくれとばかりに


人間としてなど手に入れようとしない
自己解析だけで時間は潰れる
他人への信用によって自己成立するなど
それこそ他と個を履き違え


気づいてしまってるか
この条理をすっかり理解しているのか
最初から勝負せず傍観に徹す彼など
悪意さえあれば生きていけるとさえ




「彼を倣う人々」