ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


つまりは

恐らく嘲笑っているのだろう。
其れでも構わないと笑ってみせよう。


所詮、気違いの振りをする為の強硬手段だと。
僕はもはや誰の尊敬も受けられない。
そう在り続ける。
そう、哀れないでほしい。
吐き気がする。


嫌いだ。
無関心でありたいだけ。
何を理解している振りをしているのですか。
僕をピエロとして使用している癖に。


忘却における僕の根本的解決策は。
意味の上を走る私という方は。
ただ醜い。
不完全すぎて脆過ぎて誰も何も言ってはくれない。






誰も彼もが人の真似
ひどく滑稽に写ります
精神論の上でしか語れぬ
その先を不安に思おうともせず


趣向で決まる善悪よ
それを否定する労力など皆無
好きなように死ねばいい
祝福の声はもはや聞こえもしない


大層自己を完成し得ようと必死ね
誰かどうかも判らないなら其れで
いつまでも回路に散策すれば可笑し
腐りかける前は所詮濃過ぎるだけに過ぎない


僕がこんなに攻撃性を持ちうるとは思わなかっただろう
社交性に特化された幻覚を見ていたのでしょう
尖りきって傷つけたくて哂っている
それすら気づけない人々に期待などできようか




「公共における独裁」