ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


コミュニケーション

人は人を完全に理解することはできない。
人は愛する人と一つになることができない。
人は自分のように相手を思い切ることができない。
人はすべてを認めることができない。
人は自分以外のものになることができない。
人は自分以外の出来事をすべて平等に思うことはできない。
人は人でしかいられない。


僕はそれを知っている。
知っている。
なのにいったいなんだろう。
僕はそれに対して最善の努力をしただろうか。
僕は人を理解することに最善の気持ちを持っただろうか。
怠慢を働かなかっただろうか。
あきらめなかっただろうか。
間違いはなかっただろうか。


コミュニケーションについて考えてみた。
互いに理解しあうための行為だ。
理解の末にはすべての情報の融合がある。
その末は一つだ。
つまりは。
コミュニケーションとはそれに対する最大の努力だ。
最大の抗いだ。
僕はそれを全力でやってきただろうか。


僕はそれを想う。
想い続ける。
後悔する。
そして。
そして。


詩を。





甘いんだ
とても甘いんだ
甘くて柔らかくて
きれいに透き通ってて


掌に
零れずにいてくれる
留まろうとしてくれる
なぞろうとさえしてくれる


枯れ果てた
この停車場にさえ
小さな会話が
たち咲いて




「大丈夫」







そしてまた想う。
死ねばいいのに。