ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


普通の日

お久しぶりです。


なんだか出不精が災いして、バイト以外にはめったに外に出ない生活が続いています。
詩集は少しずつ、頁が出来てきています。
問題は表紙と挿絵をどうするかです。
自分のかいた絵をスキャナーで取り込むのが一番いいんですが、スキャナーを持っていないもので……
学校がまだあいてたら一度行ってスキャンしてみます。


さて明日はいい日になればいいですね。
明日はいろんな人と会えるからいい日になってくれそうです。
それを願いつつ今日はのんびり明日を待っています。


詩を落としていきますね。




心地良い事ばかり
探し回った後の事
鼓動の音が高らかと
響いて消えた後の事


物語は続くだろう
誰も止めれはしないだろう
杏の花の散る前に
手にするものに尊さ満ちて


繰り返しつむぎだす虹に
夢を重ね合わせた結果の話
そして夢だと気づかぬままで
明日に祈りをささげるばかり


代償は返済された
今想うのは心強さだけ
さてただ尊さが飛び散る前に
命に変わると嘯き閉じる


題して「尖らない音を傾ける」です。
それでは。