ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


勇気付けられる事

今日は誰にもあってないし、太陽さえ見てないけれど。
なんていうか内発的なものがまだ僕の中には在ることを自覚した。
そうだね。
がんばろう。


さて何もかも片付けてしまおう。
自分のできる事を全てやってしまおう。
少しずつ作っていけばいいさ。
人の事を想えば良いさ。
もしかしたら愛されるかもしれないよ。
もしかしたら認められるかもしれないよ。
ただ歩き回ってるだけじゃないか。
まだまだ根本的な価値は何一つ失ってないじゃないか。


だらだらと愛されてみるのもいいじゃないか。
適当に泣いてみるのも悪くない。
流されてみるのも悪くない。
考えすぎないでおこう。
悩みすぎないでおこう。
求めすぎないでおこう。
気付きすぎないでおこう。


だめだ。


何かを見落とした。
きっと大切な事だ。
大切なものだったものだ。
きっとそうだ。
きっとそうだ。


どんどん時間がたつにつれ心が乱れる。
ああ、最近いつもそうだなぁ。
何かに溺れない生活をしないと。
僕はすぐにめげてしまうなぁ。
僕はいつだって他者を求めていて。
世界はそれを完璧に与える事が出来ないように出来ているから、僕は固執する方向に走ってしまう。
酔ってしまいたい。
酔ってしまいたい。
忘れてしまいたい。
忘れてしまいたい。
壊してしまいたい。
壊してしまいたい。


だめだ。
止めておこう。
明日は無理だけど。
明後日こそは幸せがきますように。
明日の話を誰にも聞きたくない。
話したくない。
見たくない。
会いたくない。
もうこれ以上関わりたくない。
でもきっと後悔するんだろうな。
こういう想いを持ってしまった事を、絶対後悔する。


落し物みーつけた。
持ち上げられないまま泣いている人もいるのかもしれないね。
詩です。




とめどない
言葉
処理できず
溶けた
溶けた
溶けた
溶けた


情報の笑顔が
私を認知してる
そしてなお
消えてしまおうとする
何もする事が出来ず
佇んでいるだけで
無機質な笑いに
殴り倒されそうになる


目の中に潜む糸が
とても邪魔で仕方がなくて
殴り倒されそうになる


世界が幸せで溢れていますように
その恩恵に少しでも私が
触れていられますように
邪魔にならない程度
生きていられますように


題して「心細い訳」です。
それでは。