ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


成長

なんだか周りの人の形が鮮明になっていくような感じがします。
それはきっとみんな成長しているって事なんだと思う。
僕は人の個性が大好きな人間だから、見ていてなんだかうれしいです。


すぐに筋肉痛になるこんな体だけど、その分がんばっているという意識が持ちやすくて丁度いい。
駄目だった自分がましになっていくのを見ていて酷く心地よい。
人に迷惑をかけなくなっていくならなおのこと。


僕は最近、欲求に対する衝動が酷く大きくなってきてるような気がする。
いつかこのしわ寄せが着そうで怖いな。


神に祈っていた人の事を思うなら、僕は神に祈ろうと思う。


そんな漠然としたことばかり考えてる。
もう夜も明けそうだけどなんだか起きていたい気分。
それでは詩を一つ。


自信を持つことが
良い行いとされ
下を向くことに
愚かさを想われる


自分を自ら責めました
注目だけは受けたくて
それを人は指をさし
かっこ悪いと言うけれど


皆悪を作り
価値観がある
どうして切ろうと
思うのだろう
全て溶かして
しまわぬままで


題して「本当の意味での肯定」です。
それでは。