読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


怨嗟の墓に 故里を去る 身軽な嘘が 街で喘いで 祖は形骸し 理屈で黙る 静物の恋を 違える儘に 奇蹟の膣に 梅毒を知る 孤高な猫が 舌で偲んで 児は散漫し 自由で廃る 神託の雨を 厭える程に 「無頼の壇」

革命の回路を 内在した君よ 善悪は淋しく 掌編で灼ける 演劇で死んだ 詩人の現実に 哲学も白けて 時が牙を剥く 天秤の定理を 盲信した君よ 躁鬱は烈しく 論証で富める 公園で抱いた 玩具の幸福に 本能も薄めて 罪が星を編む 「抗える児」

義眼の裏で 溺れる母親 届かぬ指が 暴悪を掴む 仔猫は匣で 正義を唱え 三途の沼に 詠って沈む 麻酔の味で 悶える愛人 拒まぬ喉が 宵闇を呻く 生花は月で 朝陽を忘れ 讃美の毒に 想って靡く 「切なる娘」

昼の子守唄が 韓語で訛れば 隔絶的な僕は 夢に人を殺す 学問は荷物だ 芯を知る程に 睡魔は散漫し 沈黙が乱れる 雨の通勤路が 地獄で曲れば 平行線な君は 傘に肉を恵む 恋愛は煙草だ 欲を去る儘に 名残は永別し 猛毒が重なる 「形骸国花」

水星に往く 帰れぬ街は 信号で溢れ 僕を禁じた 文学は死す 韻の亀裂が 海を騒がせ 焚書で悼む 雪道に吐く 踊れぬ鬼は 哀憐で暴れ 僕を演じた 元凶は魅す 盲の至福が 翅を紡がせ 悪夢で否む 「脳病」

冷凍庫が詠む 南極の詩篇で 貧困な小魚は 鯨に自殺する 永遠さえ描き 延命を統べて 沈黙が美徳な 氷点下の死神 洗濯機が泣く 初恋の予感で 熱情な生娘は 嵐に研磨する 曇天さえ憎み 色物を混ぜて 騒音が気鬱な 石鹸玉の聖人 「電流の自覚」

失恋の底で 玉葱を刻む 清潔な音に 魂が融ける 古い毛布は 名残が薫り 窓を閉めて 初雪に祈る 背信の淵で 仏壇を拝む 散漫な熱に 幻が負ける 永い歴史は 私欲が宿り 縄を絞めて 桜木に実る 「幸子の陰」

初恋の林檎に 毒蛇は祈った 聖なる切望が 罪悪を重ねど 甘露な感性は 運命に背いて 貧しい大地で 寵愛を萌やす 痛覚の孤独に 神様は惑った 真なる永遠が 静謐を与えど 不遇な天啓は 幸福に嘆いて 等しい讃美で 哀情を満たす 「エデン」

夜の谷底で 遭難した恋 災厄みたく 理屈が痛む 正しい枷も 心を救えず 不幸な熱は 朝露に滅ぶ 夢の先端で 錬金した罰 生命みたく 善意が穢す 親しい嘘も 瞳を保てず 一途な肉は 残影に騒ぐ 「失楽園の街」

言葉の陣痛で 落日する詩人 生きた残骸は 美学に溺れる 脊髄を砕けば 温厚な路地裏 紡げぬ僕さえ 善が祝福する 甘露の感性で 詠唱する愛児 満ちた憧憬は 白紙に捧げる 恋文を怨めど 寛大な十六夜 至れぬ僕さえ 韻が氾濫する 「不随な魂」

深い侮蔑に 言葉が踊る 絶望の声で 交響する心 鍋で炒めた 憂世の道理 僕は臓物を 文学に磨く 重い短詩に 悪夢が燈る 落日の色で 反転する泪 毒で浄めた 美感の手枷 僕は音韻を 病巣に抱く 「詠む残痕」

雷光の記憶が 両翼を毟って 冷たい植物は 無残に黙った 歪んだ若枝は 理由を求めて 天空の野心が 切実に犯した 亡骸の夢想が 完熟を悟って 重たい老鳥は 不屈に祈った 刻んだ慟哭は 予言を宿して 年輪の悲愴が 丁寧に深めた 「詩の畸型」

夜の余韻が 舌で蕩けて 淡い生花に 理由を鎖す 星が語った 美神の嘘は 結べぬ恋を 冷酷に編む 雨の思想が 肌で砕けて 熱い音色に 季節を離す 蛆が護った 屍骸の国は 滅べぬ露を 切実に富む 「甘い銃弾」

星の環状線は 嘘を祝福して 愚盲な詩人に 聖く暗示する 褪せた空想を 懐古した闇で 少女の名残が 鮮やかに薫る 花の運命論は 神を断絶して 美談な秘密に 永く依存する 痩せた首筋を 自罰した恋で 悲愴の善意が 穏やかに腐る 「メロディ」

雨の暗喩を 信ずる僕は 雪に救われ 凍土で睡る 言葉が痺れ 忘れた恋に 体温の下で 泪は流れる 窓の思考を 論ずる君は 月に呪われ 夜風で軋る 希望が暴れ 穢れた嘘に 遠景の許で 病は捩れる 「命の台詞」

神経病な街で 不発弾は嘆く 核分裂の夢が 深く淋しくて 讃美に怒れば 灼熱は磨かれ 正しい炎煙で 脳裏を彩った 心配性な雨で 彼岸花は恵む 氷砂糖の嘘が 永く愛しくて 甘露に祈れば 終焉は刻まれ 等しい痛覚で 昨日を葬った 「希薄戦線」

裸の受難が 支配する匣 乏しい僕は 口笛を鳴く 甘い洗脳で 深爪をして 素敵な罪が 疫病に還る 茜の艶美が 自害する線 烈しい君は 神学を裂く 硬い心根で 散骨をして 不吉な熱が 追憶に交る 「終末の胎」

冬の向日葵は 寵愛を縒らず 孤高な色彩で 密やかに咲く 深雪は黙って 句読点に宿す 予言した命が 淡い夢を病む 朝の牡牛座は 憂愁を刈らず 神秘な幻覚で 鮮やかに点く 青空は惑って 鎮魂歌に乱す 換気した心が 聖い悪を食む 「氷る美景」

人肉の味に 部族は祈る 詠で殺した 個性を鎖し 深い共有は 混成に至り 自動な罪を 空腹で悟る 暴力の恋に 売女は罹る 膣で捜した 苦痛を肥し 強い独善は 存在に触り 非道な傷を 演算で語る 「モダン」

満月も嘆いた 数奇な憂世に 天使は夢精し 下着を浄める 空箱を廻って 切実に求めど 善悪は嘘吐き 夜露の見逃し 肋骨も暴いた 不正な叡智に 奴隷は奉仕し 因果を殺める 祝福を毟って 硬骨に否めど 原罪は端書き 理想の仕返し 「バベル」

哀しい泥に 穢れた僕は 温厚な罪を 巧く演じた 歳月が囁き 赦された街 堕落に怯え 悪夢を焚く 淋しい雪に 紛れた君は 崇高な毒を 強く信じた 彗星が瞬き 殺された空 詩想に喩え 美神を惹く 「濡れた音色」

剥いた林檎を 齧りもせずに 君はベッドで 完成している 弱音の絵具は 小壜に溜めて 僕が忌む神を 聖い色で視る 欠けた硝子を 想いもせずに 僕はカルマで 復讐している 名残の臓腑は 月下に秘めて 君が蒔く熱を 永い雨で知る 「被虐の恋文」

月蝕に死ぬ 静謐な馬は 君の戒律を 身籠り哮る 崇高な穴は 憤怒に黙り 毟る神経が 欲望を煮る 楽園に富む 鮮烈な花は 僕の完結を 裏切り還る 正善な肉は 破滅に縋り 実る悪虐が 才覚を塗る 「生傷本能」

戦艦が燃える 僕は旗を振る 大洋で祈った 愛国の蜃気楼 児を生す儘に 大人と信ずる 因果の包丁で 心臓は恐れる 兵隊が死ぬる 僕は神を視る 銃撃で弾けた 英雄の不純物 世を忌む故に 孤独と交わる 飽和の代償で 本性は歪める 「平和な痛覚」

起源の旅は 自在な心で 宇宙と空に 境界を描く 星は無言で 芸術に至り 熱量を宿す 永劫の銀河 慈愛の肉は 偉大な絆で 名残と花に 恩恵を招く 人は狭間で 追憶に祈り 万物を癒す 天国の器官 「救済論」

襟肩に生える 虚空の証明で 楽園を離れて 罪と交差する 恋する無知は 菜の花を毟る 雲が流されて 月に遠慮する 雨音に満ちる 正気の敗血で 静謐を乱して 嘘と自殺する 呈する齟齬は 死の色を騙る 時が遺されて 神に妥協する 「青翅狂」

雑巾の味に 青春を悟る 僕は祈った 退屈で死せ 密告者こそ 悪に怯える 神の麻酔で 君は薄れた 菌類の罰に 観劇を迫る 僕は縋った 膣外で出せ 合言葉こそ 善に違える 生の数字で 君は毀れた 「ヤンチャ」

どうして君は 色が実る前に 綺麗を悔んで 子宮で稼ぐの 童貞の祈りは 命に痛いから 偶像を纏って 深く飛込むの それでも君は 春が廻る為に 乳房を掴んで 必死で喘ぐの 愛液の薫りは 泪に近いから 体温を洗って 強く微笑むの 「無修正聖書」

麦酒の缶を 重ねた森で 僕は迷って 空白になる 悪い酩酊で 詩性を濁し 錠剤の嘘に 安心してる 煙草の灰を 信じた罪で 君は狂って 音韻になる 聖い絶望で 不幸を犯し 死神の声に 感銘してる 「温い怠惰」

唾液で混ざる 碧い抗鬱剤に 君の味が残り 嬉しかったよ 倒錯した恋は 自殺で散るね 真夏の亡霊に 淡く遠慮して 花火で終わる 脆い幸福論に 君の声が罹り 眩しかったよ 鎮魂した嘘は 空虚で縒るね 浅瀬の惜別に 遠く破滅して 「葵の泪」

皺の数だけ 苦悩を嗜み 鮮明に咲く 叶わぬ初恋 時が忘れた 君の残り香 遠い歴史を 悼んで睡る 罪の骨まで 慈愛を苛み 陽炎に泣く 想わぬ霊魂 枷が外れた 僕の宿り木 古い逢瀬を 結んで廻る 「老害蝶々」

内なる聖女は 化粧で色付き 秘密を飾って 水面に魅せる 磨いた古鏡に 美を映しても 私のベーゼは 波紋で満ちる 真なる禁忌は 仮定で渦巻き 雌雄を想って 魔物に混じる 歪んだ不幸に 死を捧げても 私のヌードは 怖気で熟れる 「陰茎ロリータ」

森が見殺し 木蔭で睡る 君の鎖骨に 口紅を塗る 薄目で眺め 指が紡げる 呪文を唱え 舌は溺れる 街が見離し 末路で実る 君の名残に 善人を去る 乳房で鎮め 頬が讃える 叙景を与え 肌は亡べる 「ロマンス」

漂白剤の泡に 心を奪われて 輪廻が交わる 鮮烈な午前だ 騒音で悟って 振動に縋って 色は淡くなり 魂を浄化する 万年筆の墨に 命を穢されて 死生が迷える 陰鬱な深夜だ 横紙で黙って 散文に下って 罪は重くなり 紫を希望する 「カルマ」

蛆虫が祈る 平穏な肉へ 僕は殺され 熟していく 森の暗闇で 温い孤独が 静かに謳い 月は嘆ずる 真実が罹る 安全な枷へ 街は犯され 育っていく 骨の幸福で 悪い理想が 僅かに叶い 神は厭がる 「免罪死」

十字架の岬で 僕が視た色を 君に紡ぐまで 恋は残される 愛しい目蓋に 清潔な約束を 雨で微睡んだ 朝の狂おしさ 不条理の命で 君が得た熱を 僕に捧ぐまで 嘘は想われる 空しい悲哀に 寛容な結末を 毒で目論んだ 夜の悩ましさ 「貴い幸福」

淡い酸欠に 畸形の太陽 真実は乱れ 売春をする 逆さの花に 切なる氾濫 臓器は蠢き 嘘みたいだ 永い洗脳に 正義の迷宮 才能は溺れ 推敲をする 悪さの痕に 聖なる想念 論理は慄き 愛みたいだ 「性の病」

看取れぬ心を 罪だと呪えば 百合の嘘さえ 切なく薫った 曇った硝子は 小言で揺れて 貴方の季節が 素肌に刺さる 千切れぬ鎖を 愛だと想えど 無知の露だけ 永らく啜った 迫った真理は 悲愴で満ちて 天使の墓穴が 虚空に埋まる 「ロス」

傲慢な鳩は 死肉に還る 正論だけを 醜く刻んで 蟻の行進に 吸殻が落ち 傷つく歓喜 灼ける信念 貧相な蘭は 堆肥に弱る 芸術だけを 儚く望んで 猫の独裁に 大雨が降り 毒づく歌唱 忌める箱舟 「最小黙示録」

珊瑚礁の底で 溺れた小魚を 静かな永遠は 泡にして悼む 星座が悟った 霊魂の在処に 僕は翅を重ね 天高く落ちる 鉄格子の中で 怯えた姫君を 愚かな幸福は 夢にして描く 賢者が祈った 鮮血の思想に 僕は嘘を育て 心無く混じる 「深淵寓話」

詩の証明に 嘘が瞬いて 苦い雨から 終末を編む 白痴に任せ 混在が咲く 惜別を知り 幻肢で佇む 智の暴虐に 罪が囁いて 聖い痕さえ 本性を忌む 夢想に溺れ 輪郭が散る 妄言を吐き 理由で苛む 「語の自死」

急逝した父は 情けない僕に 雨の堪え方を 仄暗く教えた 凍えた悲愴を 詩情に捧げて 淋しい病魔は 言葉で散らす 肯定した君は 叶わない僕に 恋の生き様を 罪深く結んだ 刻んだ禁忌を 素肌に宿して 正しい歴史は 愛撫で融かす 「混成の泪」

雨の靴音に 焦燥を憶え 気弱な窓は 自傷が続く 歪んだ円を 盲信してる 心は育って 思想に至る 神の好物に 隣人を捧げ 多剤な罪は 依存が恵む 択んだ嘘を 溺愛してる 命は廻って 因子に宿す 「狂う密室」

文字盤で刻む 克明な詩篇に 墨の獰猛さが 罪深く沁みる 美しい装丁は 命すら磨いて 群星に託した 百年後の初恋 気管支で憎む 簡潔な台詞に 空の冷酷さが 心無く落ちる 忙しい肉筆は 暦すら裁いて 折紙に隠した 五秒前の遺言 「朽ちぬ枯葉」

朝の気配が 枷を造って 酷く器用に 泪で微笑む 毛布の外は 残忍として 何を祈れば 神に還るか 霜の死生が 熱を奪って 永く一緒に 心で打消す 依存の底は 薄倖として 誰を殺せば 恋に届くか 「切なる猫」

女なる臓器は 雷光を抱いて しかし体温に 慈愛が湛える 直観を恐れず 我欲に遊べど 屈強な正義は 一等星と成る 男なる機関は 数式を束ねて しかし神経に 空虚が連なる 聖域を認めず 理性に啓けど 繊細な不穏は 肉食獣と成る 「プロト」

図書の檻で 叡智を殺し 褪せた骸は 配列させる 悪い娯楽に 古き犠牲者 全て奪って 墓標を望む 文字の熱で 苦悩を燈し 熟れた瞳は 判然してる 碧い夜空に 聖き地獄図 全て悟って 憂世を恵む 「読本症」

魔法瓶の中で 育った僕等は 邪悪な喧騒に 穢れず恋する 隔てた外気に 氷河期を想い 拙い触れ方で 強く共振する 黙示録の底で 紡いだ詩篇は 非情な観念に 罹らず唱する 重ねた美学に 世界史を創り 尊い言の葉で 深く結実する 「無垢な器」

君の悲恋は 永久機関だ 転生しても 必然を惹く 傷つく儘に 心を見つけ 叶わぬ罪で 言葉が遺る 僕の真理は 暴力映画だ 禁圧しても 本性を剥く 亡びる程に 命を散らし 奪えぬ善で 空虚が埋る 「鬼ゴッコ」

心電図だけが 死生を記して 永訣の含意に 正しく答える 透明な余熱は 嘘で塗装して 美談を積れば 花束が色めく 鎮魂歌さえも 詩性は薄れて 残骸の論理で 等しく亡びる 曖昧な差別に 神が作用して 慈愛で包めど 哀惜を息づく 「彼岸の幻」