ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


2008-11-21から1日間の記事一覧

詩によって僕は生気を養い 心の塊を静かに溶かしている その暖かな珈琲を飲み干して 注意深く煙草の火をつける さあ、煙は行き届いた 孤独や神経など燃やしてしまおう 唐突に僕はシルエットに変わり 電子ピアノが悲しいと呟く 散りばめられた引用をご覧 皆そ…

青い黄昏に僕は心奪われて 大切なあの人のことも忘れてしまう その黄昏は静かに暗く 僕の気持ちなど知らない風だ 闇に紛れる景色、背景その中に 僕が蕩ける蛍光灯の反射 その背景は全てのもので 誰だとしても皆孤独だと言う もう朝など来ないかのように僕を…