ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


競る佞者で

軟禁を注して

暗視を配し

閉講を役した

 

漏る交信で

槿花を魅して

賃走を猟し

牢記を督した

 

練る勢車で

参覲を済して

半死を愛し

曳航を僻した

 

凝る猛進で

民家を規して

林葬を評し

投棄を録した

 

 

「ケェアル」

実る陰晴で

演奏を巡って

励起を聘し

秘鍵を理した

 

凝る得選で

単子を変えて

夜行を作し

祖型を寄した

 

祈る民生で

面争を抉って

併記を隷し

利権を非した

 

摂る国宣で

官私を耐えて

鎖港を約し

余慶を蘇した

 

 

「クラシュ」

鋳た皮筋で

豊歳を織って

紅藻を論じ

流期を吃した

 

訛る蛋黄で

転子を狙って

生饌を免じ

満懐を察した

 

干た遺金で

横災を彫って

緑袗を混じ

旧規を律した

 

堪る軟膏で

念紙を衒って

銘仙を詮じ

三戒を抹した

 

 

「プゥシィ」

織る本懐で

配向を洗って

拓士を扼し

余震を党した

 

競る燃犀で

尼僧を白んで

涼気を吃し

頸筋を令した

 

彫る音階で

愛校を払って

鑰匙を託し

都心を擁した

 

練る剪裁で

詩草を睨んで

凶器を律し

礼金を敬した

 

 

「ディファ」