ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


折る報讐で

騙詐を役して

敬神を礼し

牢守を貢した

 

並む砕鉱で

深化を睨んで

膣の味官で

枚挙を足した

 

彫る応酬で

怨嗟を僻して

励振を刑し

叩首を老した

 

醒む内向で

認可を白んで

蜜の痴漢で

退去を摩した

 

 

エスエヌ」

鳴く才藻で

雪肌を念じて

停船を偏し

藩祖を託した

 

弥山の息で

音価を沐して

老荘を貢し

急駛を療じた

 

咲く内層で

熱気を選じて

閉栓を典し

炭疽を泊した

 

胃腺の幹で

紋菓を臆して

咬創を弄し

留止を興じた

 

 

「ブロォク」

食む愛好で

意企を秘して

握る忠信で

嘆辞を成した

 

妄想の外で

正矢を面して

頸筋を列し

浪華を貢した

 

浴む廃興で

避忌を慰して

契る入神で

難字を足した

 

葬送の許で

名詞を餞して

霊菌を結し

紅霞を弄した

 

 

「クロスド」