ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


襟懐の犬で

横貫に高じて

牢記で督し

寵妾を諒した

 

成る砕鉱で

専恣を佞して

平心に面し

蔓生で判じた

 

淫戒の絹で

後勘に応じて

投棄で録し

糧餉を潮した

 

去る内向で

念死を征して

迷津に偏し

半醒で満じた

 

 

「クラッタ」

猫の展示で

地象を握って

表敬を利し

令辰を聘した

 

闇の花冠で

降下を浴して

走行を模し

慢性を逆った

 

梃の念持で

二障を契って

量刑を秘し

平心を隷した

 

神の薬缶で

蛹化を剋して

猛攻を蘇し

三正を罷った

 

 

「スカァム」

千僧の益で

陰茎を歯して

未完を期し

決死を面した

 

梨の排擠で

包涵を飲めて

東帰を浴し

野葬を託した

 

淵叢の責で

深閨を慰して

機感を魅し

滅私を験した

 

橋の内省で

納棺を褒めて

揚棄を督し

多層を扼した

 

 

「リィープ」

折る報讐で

騙詐を役して

敬神を礼し

牢守を貢した

 

並む砕鉱で

深化を睨んで

膣の味官で

枚挙を足した

 

彫る応酬で

怨嗟を僻して

励振を刑し

叩首を老した

 

醒む内向で

認可を白んで

蜜の痴漢で

退去を摩した

 

 

エスエヌ」

鳴く才藻で

雪肌を念じて

停船を偏し

藩祖を託した

 

弥山の息で

音価を沐して

老荘を貢し

急駛を療じた

 

咲く内層で

熱気を選じて

閉栓を典し

炭疽を泊した

 

胃腺の幹で

紋菓を臆して

咬創を弄し

留止を興じた

 

 

「ブロォク」

食む愛好で

意企を秘して

握る忠信で

嘆辞を成した

 

妄想の外で

正矢を面して

頸筋を列し

浪華を貢した

 

浴む廃興で

避忌を慰して

契る入神で

難字を足した

 

葬送の許で

名詞を餞して

霊菌を結し

紅霞を弄した

 

 

「クロスド」