ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


実る逸詩で

演奏を巡って

制可を聘し

脾疳を抄した

 

格の概算で

業果を越して

導坑を督し

隊士を脱した

 

祈る密旨で

面争を抉って

併科を征し

子癇を評した

 

学の改刪で

功過を護して

東郊を毒し

大姉を達した

 

 

「サイクル」

織る東進で

沈下を淫して

肥厚を利し

論師に報じた

 

練る顕示で

邂逅を生して

酸化で慢じ

名神を制した

 

摂る往診で

允可を賃して

履行を秘し

本地に老じた

 

蹴る念持で

内向を科して

瞞過で散じ

星辰を瞑した

 

 

「フィット」

織る盲信で

民家を慰して

諂笑を列し

労使を投じた

 

拝絹の貝で

京師を聘して

年光を選じ

蚕架を倣った

 

漏る往診で

印顆を魅して

連唱を撤し

藤氏を老じた

 

懐剣の灰で

幣紙を刑して

鮮紅を念じ

軟貨を浚った

 

 

「貫く背馳」

勝る安化で

一考を魅して

似た標旗で

版権に慣れた

 

研ぐ宋銭で

成規に徹して

礼の血相で

耕稼を勒した

 

漁る瞞過で

密行を慰して

干た尿器で

難件に晴れた

 

削ぐ唐扇で

定気に接して

刑の裂創で

弄火を剋した

 

 

「ダーティ」

握る駐車で

点眼を狙って

雪加を礼し

履修で生じた

 

彼の団交で

銅戈に高じて

養蚕に惚れ

覇者を病めた

 

契る入射で

念願を衒って

烈火を制し

刺繍で領じた

 

誰の勧降で

硬貨に動じて

放参に縒れ

耶舎を嵌めた

 

 

「ジャッジ」

興る奉祀で

返簡を演じて

銘記を令し

陋巷を沐した

 

刈る砕心で

障子を期して

沈床を任じ

濃化を富んだ

 

誇る横死で

閹官を変じて

励起を瞑し

毛亨を勒した

 

去る開進で

驕児を資して

忍性を鎮じ

投下を祈んだ

 

 

「脆弱な弦」

富む脳橋で

年紀に挺して

連戦を摂し

操持を弄した

 

蒔く回想で

菌糸を魅せて

比肩で活き

悪果を早めた

 

祈む東京で

転機に佞して

専擅を列し

漏示を草した

 

書く埋葬で

明史を着せて

異見で引き

白禍を殺めた

 

 

「傾く翻転」