ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


漕ぐ茂生で

慢渉を飼って

南下を挙げ

横線で残した

 

経る整枝で

指向に評して

了解を蟄し

転換を例した

 

捥ぐ孤棲で

勧奨を舞って

安化を投げ

能詮で興した

 

競る斃死で

罷工に証して

懲戒を律し

連関を訂した

 

 

「ウォント」

森の往診で

晏起を蒔いて

送球に擁し

約制で醒めた

 

兵の恋矢で

離礁に秘して

教化で潮し

天漢を験した

 

檻の盲信で

満忌を飽いて

要求に草し

作成で病めた

 

霊の片紙で

悲傷に利して

超過で狂し

堅艦を典した

 

 

「ジグゾー」

魔酔の箔で

宝剣を模して

桑弧で聾し

来襲を産した

 

着た任槐で

年少を献じて

円匙に敵し

遅緩を淫した

 

破水の幕で

猛犬を補して

狼虎で奏し

採集を濫した

 

似た禁戒で

健勝を念じて

転子に役し

遺憾を賃した

 

 

「注ぐ積層」

魁星の凪で

脳漿を込んで

蛹化で臆し

悪感を扼した

 

倫常の蜜で

名花を列して

鉄拳に接し

招請を着した

 

内声の鍵で

後章を祈んで

押下で浴し

約款を握した

 

民情の律で

霊歌を滅して

石鹸に徹し

調整を釈した

 

 

「挫く消尽」