ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


圧勝の的は

孟夏を憶せど

相近で補し

配位を察した

 

練士の鉄で

知新を律せば

狭軌を煮て

年稿は煙った

 

抹消の痕は

黄化を沐せど

法禁で蘇し

災異を発した

 

天使の列で

利心を蟄せば

尿器を着て

堅甲は睡った

 

 

「漏る薄氷」

聖痕を列し

猟奇を賞せば

苗字の膣で

定収に面した

 

背甲の仲で

能事に彫れど

瘟鬼を剋し

完善を握した

 

霊魂を摂し

正気を領せば

蝶児の密で

迷執に典した

 

内航の墓で

報時に乗れど

懇祈を臆し

安全を攪した

 

 

「システム」

教規の乳で

転業を験せど

贅の連環で

柳枝は状した

 

圧の乃至で

脳幹は興って

逢遭の空で

再起を判じた

 

朝紀の吉で

堅剛を典せど

令の全巻で

獣脂は諒した

 

夏の哀詩で

王冠は遺って

葬送の洞で

拝跪を散じた

 

 

「動じ則し」

愛好の梨に

能記は興って

萌生を鼓し

核心を佩した

 

戦艦の劇は

祇敬を請じて

猟師を徴し

貞操に令した

 

内向の肢に

嘔気は残って

拘制を干し

迫真を会した

 

玄関の咳は

死刑を行じて

冢子を了し

霊想に挺した

 

 

「娘の譫妄」

開栓の恥は

放仔に高じて

応機の森で

満腔は明けた

 

贅の連岡で

猟奇は状して

膣の親試は

専権に徹した

 

敗戦の舵は

後翅に報じて

猛気の檻で

暗香は負けた

 

霊の前港で

常軌は了して

疾の沈思は

天譴に接した

 

 

「エレジー

後信の嫁は

訳詩を噛んで

弾機に達し

登降を度した

 

帆檣の◯は

猛威を歩せど

往時に則し

才幹を開けた

 

葉針の※は

核子を病んで

単騎に脱し

動向を吐した

 

満床の春は

抱囲を模せど

層次に臆し

哀歓を避けた

 

 

「実る退廃」

発向の幸は

枢機で降れど

群書を撫し

番宣を丸じた

 

通巻の杭で

経過を呈して

名士を演じ

有想は群れた

 

錯交の蜂は

風紀で磨れど

分所を具し

岩泉を晩じた

 

空間の竟で

低下を刑して

鋭師を免じ

無相は熟れた

 

 

「寒凪の瑕」