ウェヌスの暗号

韻を踏み過ぎてパーに成った。

ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


他県の扼で

洋画を投じて

漏る彷徨で

半期を満じた

 

沃る四肢で

線装を怨じて

検車の烈で

僚船を興じた

 

野犬の謫で

陶瓦を要じて

惚る猛攻で

慢気を判じた

 

識る胃歯で

円相を選じて

連射の傑で

饗饌を療じた

 

 

「ワィーヴ」

軋の波高で

方技を推して

問の陽線で

夜叉を託した

 

霊歌の窃で

小見を律して

強手の脈で

瞑想を啓した

 

醗の亜綱で

奥義を歩して

宵の投扇で

他社を扼した

 

正価の裂で

猟犬を失して

妙趣の客で

恵送を銘した

 

 

グレィズ

扼の家産で

酷使を瑩じて

惚る猛攻で

満会を発した

 

要る死守で

線装を怨じて

逓の励起で

流感を蟄した

 

挌の野蚕で

抑止を高じて

漏る彷徨で

半解を抹した

 

識る縊首で

円相を煎じて

戻の詆毀で

中韓を律した

 

 

「シェィム」

彫る奥旨で

暗線を早めて

毎次の戴で

闘争を模した

 

睨む支綱で

戦機を練れて

契券の裂で

理科を饗した

 

織る放恣で

帆船を危めて

対自の邁で

妄想を吐した

 

白む尼公で

年紀を競れて

霊剣の潔で

奇貨を諒した

 

 

スケィズ