ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


櫃の未進で

片紙を面して

呈の連想で

両社を着した

 

梱の鶯花で

暗紅を嚇して

籥の殺気で

鎗金を用した

 

蜜の飛信で

綿糸を遍して

戻の転送で

調車を略した

 

折の好果で

款項を握して

索の薬器で

洋斤を葬した

 

 

「アロゥン」

海市の味で

押送を鼓して

森の陶器で

短観を抹した

 

虹の砒酸で

片思を佞して

千行の例で

猟奇を失した

 

相士の梶で

抗争を推して

酉の濛気で

満干を達した

 

肘の二三で

念死を聘して

連岡の勢で

悚悸を律した

 

 

「リリーヴ」

色の始期で

政権を笑めて

定価の麗で

隆興を着した

 

襠の背走で

硼砂を揉めて

交線の沃で

野史を画した

 

白の意気で

英検を責めて

冷菓の諦で

中耕を略した

 

八の埋葬で

盲者を褒めて

陽船の克で

瑕疵を約した

 

 

「ニードゥ」

曝る野犬で

用器を奏して

澱の芳草で

俳誌を愛した

 

散る名詮で

命旨を訂して

裂肛の罫で

強起を領した

 

殺る左験で

送気を擁して

堀の往相で

哀詩を排した

 

観る丁銭で

廷試を銘して

結講の霊で

猟奇を供した

 

 

コーナル