ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


活く粃糠で

兵書に得れど

鉄の礼金

量子を着した

 

松の才器で

送信に黙して

懲る養虎で

夜窓を噛んだ

 

引く威光で

営所に減れど

列の提琴で

張芝を略した

 

察の毎期で

盲進に則して

因る考古で

仮相を病んだ

 

 

「パースン」

櫃の未進で

名花を偏して

連奏の制で

四儀を領した

 

億の冬至

探鉱を愛して

貨車の槍で

洋琴を濾した

 

蜜の飛信で

兵家を面して

船装の例で

理義を証した

 

徳の往時で

安康を帯して

夜叉の狩で

公金を止した

 

 

プラトゥ」

国漢の黙で

昧死を化して

病む鎖肛で

操車を因った

 

列火の呈で

中層を療して

引く意企で

叡算を経れた

 

木棺の穀で

開始を増して

醒む治工で

溶射を剃った

 

鉄架の霊で

琉装を寵して

生く誹毀で

平産を得れた

 

 

「クリース」

堅果の螟で

冥見に規して

戮の弔詩で

鉄窓に令した

 

澱の抛射で

帆船を愛して

箚記の訳で

傭耕を蘇した

 

綿花の罫で

強権に魅して

蓄の量子で

裂創に挺した

 

堀の枉車で

暗線を配して

薬気の作で

操行を止した

 

 

「リィドゥ」