ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


癰疽の恋で

歌仙を約して

半旗の襠で

猛攻を補した

 

芋の疾呼で

先遣を閲して

廷の連詩

琉装を着した

 

酵素の宵で

野戦を画して

慢気の八で

放校を燃した

 

霜の一顧で

厭倦を摂して

麗の天資で

中層を略した

 

 

グリィプ

秘む遺矢で

演奏を経れど

寧の転所で

稚蚕を握った

 

捥ぐ好漢で

鉸具を迷えば

錯の治工で

揚棄を剃れた

 

忌む悲史で

返送を得れど

逓の年初で

二三を契った

 

焦ぐ毛幹で

麻姑を通えば

躍の鎖肛で

想起を縒れた

 

 

「カヴァル」

寝る塡詞で

中産に似れど

将棋の率で

霊交に接した

 

織る紅旗で

快感を在れて

白磁の槍で

葉層を歩した

 

照る念紙で

乳酸に散れど

両義の湿で

性行に列した

 

凝る応器で

哀歓を涸れて

薬餌の針で

芳草を寄した

 

 

レグュラ

籥の宅診で

頭指を止して

外の目耕で

満期を察した

 

犬の寄金で

決起を閲して

弊の礼装で

略史を評した

 

卓の躍進で

容姿を賭して

許の測候で

三帰を抹した

 

絹の衣衾で

悦喜を結して

霊の併走で

百司を療した

 

 

「ダマノゥ」