ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


要る私行で

戦旗を閲して

逓の年官で

乳菓を陳じた

 

剥の卵巣で

浪死を報じて

依る講讃で

貨車を訳した

 

識る意向で

円規を節して

佞の癲癇で

中華を任じた

 

烙の瘢瘡で

放仔を弄じて

凝る養蚕で

夜叉を隠した

 

 

「アニュー」

泄の援交で

畏敬を資して

戮の注染で

転子を隷した

 

糊の芳草で

半生を済して

扼の花瞼で

降機を浴した

 

悦の跣行で

施恵を医して

蓄の流泉で

錬士を訂した

 

堀の衲僧で

軟性を破して

挌の野犬で

揚棄を刻した

 

 

「アバァヴ」

祈る未進で

名刺を閲して

慶の礼装で

寮舎を喫した

 

誇る濃化で

内航を破して

役の箚記で

鎗金を止した

 

実る維新で

英姿を滅して

麗の恵送で

挟斜を律した

 

残る放火で

廃興を済して

策の薬気で

洋斤を蘇した

 

 

「ボーダル」

神の案件で

奥旨を越して

横の方向で

薄地を殺れた

 

略の宗儀で

精巣を列して

鉄の年紀で

乳腺を契った

 

網の管見

厚志を押して

鉾の要港で

薬事を腫れた

 

尺の竪義で

霊草を接して

熱の天機で

中線を握った

 

 

「ルゥーズ」