ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


関鍵の味で

王佐を鼓して

縒る蜂巣で

八旗を約した

 

契る乳歯で

年縞を挺して

連枷の征で

詞先を律した

 

案件の舵で

巧詐を推して

掘る葉層で

薬気を博した

 

握る忠士で

天幸を佞して

泉下の戻で

離線を失した

 

 

「スキュー」

舞の安康で

横禍を燃して

後賢の欲で

夜気を画した

 

例の盛粧で

小舎を律して

標線の蟄で

天資を聘した

 

愛の満稿で

孟夏を捺して

洋犬の哭で

花卉を扼した

 

性の礼装で

両社を失して

朝鮮の蹕で

片志を挺した

 

 

「ラングク」

海市の雨で

押送を困じて

溶射の牘で

多選を宿った

 

虹の標旗で

偏光を練れて

説の霊歌で

猟犬を請じた

 

相仕の亀で

航走を応じて

投写の欲で

夜戦を辿った

 

肘の尿器で

年縞を経れて

列の斉家で

証見を領じた

 

 

「フェィル」

扼の宅診で

当帰を要じて

堀の横行で

哀思を配した

 

客の眠期で

瞑想を啓して

裂の静止で

小斤を領じた

 

謫の躍進で

妖気を投じて

檻の放光で

稗史を愛した

 

脈の琴棋で

係争を銘して

窃の霊視で

料金を証じた

 

 

「レカンヌ」