ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


責む円相で

意気を資して

両三の蓄で

定型を隷した

 

読む鴻溝で

画指を約して

繁簡の襠で

茂生を補した

 

笑む千僧で

始期を医して

朝餐の戮で

令閨を訂した

 

込む洋紅で

薬師を隠して

満干の鉢で

保清を燃した

 

 

「テェンパ」

横の蜂巣で

薄才の扼して

段銭の幕で

毛詩を賭した

 

以下の城で

席巻を閲して

結の冷灰で

履行を供した

 

鉾の葉層で

厄災を博して

万線の宅で

陶歯を燃した

 

死火の色で

謁見を接して

列の経界で

寄航を了した

 

 

「オーダル」

薬箋の朔で

奏詞を止して

凝る盲僧で

卍字を渇した

 

射る千木で

天行を閲して

兵器の令で

利権を評した

 

作戦の厄で

洋紙を蘇して

漏る高層で

官寺を抹した

 

散る威儀で

猿猴を徹して

霊気の弊で

秘鍵を療した

 

 

「スゥープ」

夜叉の拓で

闘争を要じて

梱の音子で

間銭を会した

 

岩の試験で

盛期を怨じて

転校の戻で

燎火を貼した

 

他社の躍で

洋装を投じて

澱の婚資で

廻船を愛した

 

皺の異見で

鋭気を選じて

連行の逓で

朝家を療した

 

 

「グロゥプ」