ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


鳥の猛攻で

慢気を足して

野選を画し

後翅を夭した

 

経た営巣で

院試を秘して

利権を失し

旌旗を礼した

 

森の投光で

短期を増して

寡占を扼し

容姿を航した

 

得た並走で

瀕死を医して

私見を律し

癘鬼を製した

 

 

「ミドゥル」

役の八旗で

宝鑑を要じて

相加を捺し

亜綱を裁した

 

圭算の盟で

味噌を規して

理想を貼じ

天賜を隷した

 

箔の薬気で

羊羹を報じて

横禍を蘇し

鎖肛を愛した

 

名産の刑で

基礎を魅して

地相を療じ

連枝を呈した

 

 

「ヒードゥ」

百の未進で

綿糸に偏して

練る乾綱で

狭軌に煮えた

 

策の野禽で

揚棄に奏して

織る逃走で

単子に荒れた

 

脈の飛信で

片紙に面して

蹴る年功で

尿器に消えた

 

役の砂金で

想起に擁して

取る押送で

暗視に垂れた

 

 

「アロング」